https://youtu.be/wVVL0ZNXCaY


今回の質問はアデリータのあるタイミング
何かが出来ないとかこれがわからないというときは
どうしたら出来るかそれは何かを答えたらいいのですが
今回の質問者は全て出来るのです
ところが何かがおかしいと感じている
そういう人は持っている技を100%使ってないのです
こちらから見ると半分ぐらいしか使ってない

例えば魚を切るときにそれ用の包丁を使えばいいけど
その辺にある包丁でやっている
うまいこと切れないと頑張って練習するより
包丁替えた方が良いというアドバイスに変わるわけです

なのでこれから話すことはそのテクニックを持ってない人は何のことかわかりません

アデリータの出始め
これにどんなテクニックを使っているか
右手のリトルハッピーを使っています

ベースをこっちへ向かって弾きます
そのまま移動して高音ミを弾いたときに
次に左手スラーではじきます

そのときに左がじっとしているんです
ではなくて

と戻るんです

そうするとまたここから弾けます
今度は弾いてこっちへ移動しながら弾きます

ところがこれを止まってしまうとここから弾きますので
無理やり音を出す
くるくる回りながら出しているのではなく
どこかで止まっているか無理しているかどちらかになります

そこだけを注目してもう一度目を皿のようにしてご覧ください

次は次でまた違う動きです
それは出来ていましたのでここだけのアドバイスにいたしました

この練習をしていた方が、ニコニコして弾いているので、この名前を付けました。

https://youtu.be/jRb3AYooCkA


今回はリトル・ハッピーとビッグ・ハッピーについてお話します
まずこうやって指を右手を動かしながらアルペジオを弾く
これをやっていた生徒さんがとても幸せそうな顔をしてニコニコしてずっと弾いていたので余程幸せなのでこれをハッピーと名付けてみました
ハッピーの種類には小さく動くリトル・ハッピーと
全部これリトル・ハッピーです
それからビッグ・ハッピーというのはこれが横切るんですね
これビッグ・ハッピー
使い方は皆さんが考えてもらったらいいわけなんですが仮に
ビッグ・ハッピー
リトル・ハッピー
こうやってやれば
これでなんかこう大きな音の変化とそんなにない変化
あるいは同じリトルでもこっち側で、あるいはこちらで
なんていうことをしながら遊んで行く
曲想というのは決めずにアルペジオが出て来たらここは遊びだと思ってねどんどん使って遊んでもらったら顔がハッピーになていくんではないかと、かように考えております、おためし


https://youtu.be/aSZplxGbap8
右手、基本の動きのひとつです。


今回はアストリアスの始め1小節だけを紹介しようと思います
この練習は私はたぶん数か月かかりました、会得するまでは何年かかかったと思うんですね
その練習の出来上がりをまず見て頂きます
右手だけで結構です
弾いてしまえばそれで終いなのですね
次に解説をしますと
旋律を弾きまして次、伴奏を弾くときは左手を押さえてるのは離してます
右手の親指がこう弾いたとき4弦に当たっています
次の伴奏を弾いた瞬間に親指が爪で次を弾く準備が出来ています
もう1度やってみます
で弾く準備が出来ています
次はもう弾く準備が出来た状態で返って行きます
これの大事なことは1個1個の音が出て消して出て消していることです
けして全部の音を鳴らしっぱなしにしているのではありません
こういう動きだったら何も練習する必要はありません、ギターを持ったその日に出来ることです
右手のアップです
これを習得するために私が考え出した練習です
https://youtu.be/aSZplxGbap8?t=1m53s
親指で4弦を弾いて親指ですぐにとめます
次に2本の指imで2弦と3弦を弾いてすぐにimでとめます
これは大体誰でも出来ます
親指を5弦に持って行って、これもまあまあすぐに出来ます
ところが次の段階になると急に出来なくなるんです
4弦を親指で弾きます 4弦に親指が返ってその音をとめます
imで2弦3弦を弾いて2弦3弦にimで返ってその音をとめたとき親指が5弦に移動しています
5弦を親指で弾いて5弦に親指が返りその音をとめます
imで2弦3弦を弾いて2弦3弦にimで返ってその音をとめたとき一緒に親指も4弦に返っています
やってみます
少し速くやってみます
ブンチャ!ブンチャ!という形です
ピアノでは簡単な奏法です、ギターではかなり大変な技です
私この奏法で弾いているギター弾きをひとりも知りません、やっている人見たことありません
指だけアップで見たらなんてことないと思います
やってみてなんてことないと言う人はたぶん天才です
私は何年かかかりました
是非挑戦してみてください

右手のイタリキタリを使った練習です。

https://youtu.be/5jm-Q1kiJUw


2019年1月、ふたつめの動画
それは前回アルペジオでなんかこう動かすというのをやったと思います(グランソロ
これはアストリアスにも利きますかという質問がありまして、利きます
あれもこういう動きなんですね
行ったり来たりします、それも結構速いです
アストリアスという曲は右手だけじゃなくて左手もこんな動きをします
両方これが動きますと体全体がなんかこうふにゃらかふにゃらかと動くんですね
実際のテンポが速くなったときにはこれは速くなりませんので、そういう練習はゆっくりのときにやります
これが速くなるということは揺れが1回でふたつの音になるわけです
さらにそれが短くなって1回の動きで
という動きが出て来るようになるわけですね
そういう体の動きから曲を作って行きます
指先でやりますと間違わないかもしれないですけど動きが感じられないのです、ゆっくりでも速くても
こう揺れて行くと練習の過程で揺れがなくなって全部取れたときに完成なのですけど聴いたときに何かその揺れを感じてくるんです
こういう動きから発展してやっていきます
なんでもそうなんですけど出来上がったら動きません、出来上がったら静止しているんですけど静止の後ろにある動きっていうのを感じる、これが音楽を作るということでございます

右手の基本の弾き方の応用例。


https://youtu.be/5TRz1XMuRUU


2019年1月4日です
新しい年の初めての動画でございます

去年の暮れにフォルテピアノ右手の弾き方をこんなのやりました
位置についてセットしてエイッと弾いたあと人差し指がちょんとこれがフォルテピアノ
最初にフォルテピアノという表現で覚えてもらいます
そこに左手が入りました
伴奏の音が入ったときに移動するというのがあったと思います
今日はそれの応用なのです
ソルのギャロップという曲もこういうフォルテピアノで出来ていますかという質問がありましてそうですと答えました
どういうことかといいますと

楽譜にはこう書いてあります
これを  と弾きます フォルテピアノです

と弾きます
フォルテピアノになっているのが判ると思います
これを弾くの嫌なら弾かんかったら?というような演奏だけはしないでください

そして一番格好良い所ですね
ここが、全くあれと一緒で、弾いたあと開放弦②③弾くときに、移動します
こんな感じですね
こんな感じになります

これも・・そんなに面白くないんやったら弾かんとって、という話でございますね
それにさらに、
そんな動きが出て参ります

でまあ、タタタンタタタンも同じです
これもフォルテピアノになります
こんなんと違います
止まりませんのでね

間違えましたけども、これは余計なことでせん方がよろしい
ま、そんなことでフォルテピアノというのをですね是非マスターしてもらったらいろんな所で応用出来ると思います





arupejita

↑このページのトップヘ