《グランソロ》より、ドンドンドン・・・・
https://youtu.be/dl96BSyMi0c


2つ目の質問です


ベースのドンドンドンドン・・あちこちにあるんですけど
これは一体何でしょうか


いい質問ですね
確かにこの曲はドンドンドンドンが多いです
何だと思います?

・・・ 太鼓

そうなんです、オーケストラでいうとティンパニー
ティンパニーはただドンドンドンドンやってるだけじゃなくて
強く叩いたり弱く叩いたり
ひげみたいなのをいっぱい付けてよくわからないタイミングで叩いたり
実際のオーケストラの人はいろんなことをします
この曲に関していうとドンドンドンドンなのですよね
いつもドンドンドンドンかというとそうじゃない
私は3種類を基本的に使っています
親指の爪で弾く
太鼓ですから音は全部切ります
爪で切る場合と皮で切る場合があります
ベースだけの場合は爪で
旋律が入ってくると皮で切り替えます
そうしないと喧嘩になります

楽譜でいうとここのベースはちょっと様子が違います
つちびとが出て来ます

アルペジオに関しても太鼓的なアルペジオは大事です
和音をばらしているだけではなくて
速い連打があるというときにギターではそうは出来ない
もっと速くしたいときにアルペジオを使って表現します
そういう効果を出す時は強い音と弱い音が必要です
ものすごい強い音もいるしものすごい弱い音も要る
先程のようにフォルテピアノとよりフォルテとよりピアノ
4種類を使い分けないとオーケストラにはなりません

ドンドンドンドンはいっぱい出て来ます
演奏者はどう使い分けているか観るのも面白いかなと思います
使い分けてない人の方が多いと思いますがそれはその人の音楽のレベルなのでしようがないと思います