2018年10月

一小節だけ!和音3つだけ!
押さえている指の離しかた。
中指が遅れて離します。このことで生まれるイメージを感じてください。


https://youtu.be/OvD1zzGkJoI
2018/10/31 に公開






syuironotou7


ちと長いですが撮り直すのめんどうなので、我慢してください!
ギターならではの弾き方が出てきます。
燕返しも解説してます。
さらにイメージからくる弾き方を見せます。
ただ書いてある音を出す、などというのはやめてほしいです。
今回「美しい音」とは無縁です!


https://youtu.be/_UIB9JWfRxY
2018/10/18 に公開





syuironotou6





https://youtu.be/wcF7PNv6aUo
2018/10/12 に公開
曲に物語を付けると表現しやすくなります。
赤チャンに呼びかける。肌に触れる。これだけのことで何でもない練習曲が名曲に生まれかわります。


https://youtu.be/J9134X-2AdQ
2018/10/12 に公開
旋律(スケール含)では一般的なことですがアルペジオも同じです。
最後のベース音を優しく弾きます。
二つ使うとナチュラルリットになりますよ!
身に付くまで、弾ける曲全てで試すと感覚で解るようになります。
それまでは決して頭で理解しようとしないでください。
頭で分かったことなど、実践では役に立ちません、むしろ害にすらなります!





syuironotou5



https://youtu.be/GLJx8sgLdqM
2018/10/10 に公開

5回目のレッスンなので、少し細かい部分に触れました。最初は全ての音を切って弾いてもらいます。4回ぐらいレッスンを重ねると少し曲らしくなります。
ここからは、表現の練習が加わります。
まずは、隠れた消音と目立つ消音。(左手を使った消音と右手を使った消音)
この二つの消音をヒントに工夫してもらいます。
生で聞くとメッチャ分かりやすいのですが、見学していた生徒さんは「オモロイ」を連発してましたが・・・・。


https://youtu.be/yLoWlQhSC_g
2018/10/09 に公開
それが、どしたん?!
とても穏やかな気持ちになりました。
で、演奏は?
さて、それは、謎です。


https://youtu.be/aGWDt2sywUk
2018/10/03 に公開
生徒さんの要望は「このベースをカッコ良く」ですが、連続でカッコ良くはむしがよすぎる!
ここでは、遊びを通して、自分で何かを会得する!という試みを提案しました。


https://youtu.be/-ou1XN5teHM
2018/10/03 に公開
第一変奏の出だしのベースを、かっこよく弾きたい!という生徒さんの要望に・・・・


https://youtu.be/OdlnC5HaS2k
2018/10/02 に公開
本日のレッスンで、ついにばらしてしまいました。ので、練習方法を種明かしします。
今までウソ言ってました、ごめんなさい。

↑このページのトップヘ