https://youtu.be/KQlQVEBg7zM
2010/07/28 に公開


49の技、32番目 消音の工夫と名付けました
音を消すということ
これも重複するかもですが基本的にベースの音を切るのが発想の源になります
ベースを鳴らしっ放しにすると発想は湧かないです

初級の練習曲で試します
これを観てらっしゃる方でギターを弾く方は必ず通るカルリの練習曲です
いくつもありますが判り易いということでこの曲を
etude010'カルリ三つの小品2

演奏

こんな曲があります
今、自然に音を1つ止めてしまったんですが
レッスンをしていて、或いは人が弾いているのを聴いて気になるのは
ベースを弾きっ放しにすることです

始めにベースを切ったらどうなるか、それから切ってないのを聴くと非常に判り易いのでベースを切った演奏をします

カルリ演奏
etude010'カルリ三つの小品2

軽くベースを親指の爪を使わず皮で弾いてそれを切ります
爪を使ったときは鋭く切って、皮で弾いたときは鈍くやさしく切る方法を採っております

もう1回弾きます、続いてベースの弾きっ放しを弾いてみます

カルリ演奏
次は伸ばしっ放し
演奏
etude010'カルリ三つの小品2


これが伸ばしっ放しですね
聴き違い、聴き比べをしたら片方は手を抜いて弾いているように聴こえるかもしれません
そうではなくて単に音をほったらかしただけの結果です

音を切ることによって何かが生まれてこないかということ

1曲だけではなかなか判らないかもです、もう何曲かやってみようと思います
全てイ長調の練習曲です
こういう単純な曲もあります
カルリ演奏
etude010カルリ三つの小品1


AとEのコードがいたりきたりしてるだけ、ベースが5弦で
カルリ演奏
etude010カルリ三つの小品1

これに何の疑問も抱かなければそれで終わりなのですがたぶん抱くと思います
そのときにベースを切るという技を使ってみます
etude010カルリ三つの小品1

カルリ演奏

たったこれだけのことなのです
そうすると何かが湧いて来そうな、私はするんですけど

もう1つやってみます
同じ曲の中の後半
etude010カルリ三つの小品1

カルリ演奏

という場所があります
今は全部弾きっ放したのですがそれを切ってみます

カルリ演奏
etude010カルリ三つの小品1


ただベースを切っただけ
そうすることで何かが生まれてくる、何か感じませんか?
というアドバイスです

ベースを切る、消音の工夫でございました。



■49の技その31 フレーズの工夫
感じ方を決めてしまわない。
自由とは? 例として、バッハのプレリュード
ソルの練習曲第6番。 5番。 グランソロ。 など

WAZA-31 How to devise a Phrase
・Never decide how to feel.

What is freedom ?
For example the Prelude by Bach, etude the 5th and 6th by Sor and so on.