https://youtu.be/6Vi948LKesU
2011/09/22 に公開



49の技、6番目はガイドフィンガーといいます。
指がガイドをする
5番目でのコストの練習曲・・
コスト:練習曲@@@^^

この中指が2弦の10フレットを押さえています
1弦の開放弦を弾く間にこの中指が弦の上をすべってローポジションAコード・・

また開放弦を弾いてる間にこの中指がすべって・・弾きます
弦の上をすべって移動することを私がガイドフィンガーと名付けました

これは応用が多過ぎてキリがないです
実践、表では4本の指があってそれのどれかが移動する
全部の指が忙しく動いてるときは後ろで親指がガイドしています
どれかの指が必ずガイドしながら移動する
ギターの原則的な弾き方です

応用としてこんな曲があります
アグアドの練習曲から・・
アグアド:練習曲@@@^^

小指が残って、これが移動してそこに・・
この小指がずーっと移動して4フレット、そこへ・・
この小指が移動してそこへ・・
小指は同じ弦の上で引っ付いたまま移動して他の指を連れて行く役目を果たしています

アルハンブラの思い出
スタート・・このときに今空中に浮いている中指が密かに2弦に降りましてこの指がガイドして下がって行きます
ここで・・
今度は薬指がガイドして下がって・・
またこの薬指がガイドして上がってここへ中指・・到着して・・
今度は2の指と3の指がよいしょと二人でガイドして上がった所に小指が・・入って来る・・
スタートのときは薬指がガイドして下がっても構わないです、理屈は同じです
トレモロに焦点を当てると中指がガイドしていることになります
どちらでもOKです
上がって行くときも2つが・・
中指がガイドして上がって・・
同じようにガイドして下がって来る・・
アルハンブラの思い出1

アルハンブラの思い出2

アルハンブラの思い出3

ギターの曲では無限に存在しています
これをちゃんと意識して使えるようになると音楽がスムーズになるということです
ガイドフィンガーでございます。