クラシックギターWEBレッスン 消音について①
https://youtu.be/hcSjtzrusqM
2013/10/23 に公開




こんにちは、島崎陶人です
今回のウェブレッスンは消音について基本的にお話をします
音を出すということと消音するということは同じ比率で大事です

消音に関して言いますと親指が非常に大事な役目を担っています
始めにちょっと弾いてみます
皆さん是非これを真似してください
こんなことをやります

5弦開放 4弦開放 5弦開放 4弦開放

なんでもないと思うのです
見てたら絶対誰でも
このひと何やってるんだろと思うでしょう

でもですね、皆さん

次にやることと今やったことと聴き比べて
いかに次にやることがだらしないか耳でよく聴いてください
やってみます

5弦開放 4弦開放 5弦開放 4弦開放

いろんな所でアマチュアさんの演奏、プロの演奏を聴く機会がありますが
多くは、全部と言っていいと思います
後半の方を弾いてます

楽譜には5弦4弦と書いてあるというので5弦4弦を弾いてそれで満足しているのです
でも聴くと判りますが音が重なってます

最初に弾いた方は4弦を弾いた瞬間に親指が5弦の音を消音しているのです
便利な方法なんですが4弦を弾いた後、5弦を弾くとアポヤンドすると自動的に4弦の音は消えます

ところが5弦を弾いて4弦を弾いても5弦の音は消えませんので消さなければいけない
当然消さないといけないんだけれどもこういう単純なことが出来ていません

皆さんも是非自分で、
そんなことぐらい出来るわいと、たぶん思てると思います 確かめてください
必ず映像に撮って自分の指を見てください
親指が5弦はいい
4弦を弾いた後、5弦にサッと返ってここでジッとしているかどうかなのです

これが親指の最も基本的な動きです

次にもう1つ親指の基本の動きがあって
それは弾いた後すぐにその弾いた弦の上に返るという動きです
これも基本中の基本の動きです

こういうことが出来ますと全部の音、開放弦で・・ということが出来ます
なんてことないです
ワンー ***

あの・・ではありません、これは消音まったく入ってません

でも・・・の形、弾いた後に音を留めるんです
・・・これはいずれも弾いた後すぐに留めてます

こんなことすると速く弾けないと言う人が必ずいますが
速く弾くか弾かないかの話をしてるのではなくて音楽を作る上での基礎的な表現の練習をしようというのが今回の目的です
従って速く弾きたいという人はこの時点で見ない方が良いです

これからやること消音を中心にやっていきますが
しっかりと身に付けたならばあなたの中にある音楽が必ず芽生えます
そして世界一素晴らしい音楽が
自分の出す音楽が世界一素晴らしいですからその音楽がどんどん湧いてきます
その喜びを得るためにしっかりと勉強して頂きたいと思います。