カテゴリ: ベイシック・奏法

https://youtu.be/i5K03e4uj34
2010/05/08 に公開


もうひとつ準備をして弾くということにつきましても少しつっこんで解説しておこうと思います。
まず、普通のハ長調のスケールを使って、最初に弾いてみます
この右と左の動きをですね、まず皆さんで見て確認をして、それから解説をしたいと思います。

ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド

普通に見えたと思うんですけれども
ひょっとして皆さんはこういう動きで練習してはいないでしょうか。

ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド

これは同時進行の音楽の作り方です
ドの音を弾くときに準備してドを弾きました
その間は指は何もしていません左はこのままです
そしてレを弾くときにレの準備をしてレを弾きます
この間、指は何もしていません
ミを弾くときにミの準備をして弾きます
一見当たり前のようですが
こうではありません。

ドの音を弾くということは
これはスケールですけども次、レに決まっているんですね
だからドを弾いたあとはもうレの準備がすでに出来上がっています
この間、音はしていません
ひたすら準備のために指は弦の上に停まっています
レを弾くということは次ミに行くと決まっていますので
レを弾いた途端にミの準備をしているんです
次の音の場所で待つ
これが準備をして弾くという意味です。

もう一度見てください

右も左もレの所に行って待っています
レを弾くと
ミで待っています

絶えず次の音で待っています
では、このことをですねアストリアスという曲でちょっと確かめてみましょう

asturias1


スタートの音を弾きます
するとすぐに右も左も
次の伴奏の音に準備が行っています
左手は何も押さえませんので実はこの間に空中を散歩するんですけども
便宜上、今、次の音の上で指は待ち構えています
そして開放弦、伴奏のシを弾きますと
次の音の準備を親指、右手親指左手薬指がします
これを弾くと次の伴奏の音を順便をしています。

では

という動きで
少し速く弾いてみます

これが曲をゆっくりと弾くという意味です
でも
もしかしたら皆さんはゆっくり弾くというのをこういうふうに思っているのではないでしょうか

これは声に出して言いますと
おーはーよーおー
と、ゆっくり喋っているようなものです
ゆっくり喋るというのは実は
おはよう ございます と喋るのがゆっくり喋るです。

曲はおはようございますの発音の
お は よ う
というのをゆっくりと練習すること
これが音楽ではまず、最初に誰もがやる練習なんですね
やがてそれができたら
おはようという1つのフレーズをそのままテンポを落とさずに練習します

そのフレーズとフレーズの間をゆっくりあける
これが実際にはゆっくり演奏するという意味なんですね
それらは実際に準備がしっかり出来るようになったら
すぐに理解できるようになります。

それではもう1つ実際の曲を演奏しますのでその準備の状態をですね
目で一度確かめてください。

パーセルのメヌエットを演奏
パーセル:メヌエット

1時間目終了です。


基礎連右手1基礎連右手2
基礎連右手3基礎連右手4
基礎連右手5基礎連右手図

基礎連左1

基礎連左2

基礎連左3

https://youtu.be/rxg7duAUyTo
2010/05/08 に公開



それでは具体的にどうやって弾くのかということをですね
親指それから他の3本これについてですね
3種類の方法を実践でお目にかけようと思います。

親指、見えると思いますが
3つ弾き方があります
まず、ブリッジよりからサウンドホールよりにぐいっと押し込みながら弾く
こういう動きです

もうひとつはこのまま直に真下に弾きます

最後は、これは難しいかもわからないんですが
弦を押し込んで
これを上に向かって離す

もう一度やってみます
押し込むほうです
手首がぐいっとねじり込みます

このまま、今度は真下に押さえ込み、、
親指の力だけです

もうひとつは一旦押し込んだ弦をすばやく離すという方法です

同じように今度は残るima、代表でiの指でしてみようと思います
同じように今度は弦を切るような感覚で斜めの、斜め下、腕がぐいっとギターの方に入ります
これが一番代表的な弾き方
続いてできるだけ真下に押し込みます
同じ要領でいっぺん弦を押し込んでこれをハジき上げるみたいな感じですね
こういう3つの弾き方が基本的にあります
これらを自分流に工夫して自分のタッチとすればいいんじゃないかと思います。

https://youtu.be/_BtcTqh0ySg
2010/05/08 に公開



それではアストリアスの最初の部分を演奏します。

asturias1


https://youtu.be/2Ifdgg6kBIU
2010/05/09 に公開



では次に横振動で同じことをやってみます。

https://youtu.be/VIQeOyKuza8
2010/06/13に公開



49の技、続いて 15からは具体的にアルペジオの練習
これは基礎練習の中に入ってる7つの形
それを詳しく説明します
その前にまたよそ事をひとつ
ギターを弾くときに左足を足台に乗せて、最近はギターレストといって乗せないものもあるようですが
一般的に左足を乗せてそこにギターを置きます
このときに皆さんは両手を離すことができるでしょうか
ちょっとやってみてほしいです
両手を離して今日はいい天気だなとかいう感じでこう、、
というようなことができますかという話なんです
それは一体何かといいますと
ギターを抱え込んでしまっては話が実は前に進みません
ギターは左足の上にちょこんと置いてあってそれを弾く
例はおかしいかもですがピアノを弾くときにピアノがウロウロしたらややこしい
じっとしてるからいろんなことができる
同じように楽器を持つものは、ギターは膝の上に置けば安定している
そこに右手を持って行って弾き左を押さえ成り立っている
楽器が落ちそうだからぐっと右腕で押さえると押さえることに力が入ってるから
何かをやるというときには力が入った状態で始まってますから自然な音楽は出来にくいと思います
こういう状態を作ってアルペジオの7つの流れを順番にお話していきます。

https://youtu.be/I1LvA7r3Rug
2010/06/28 に公開



49の技、今回は22番目から28番目になります
実践に役立つ技という副題があります

もうひとつ副題がありまして
優雅というのがこの7つの技の基本になっています

また例によって確認事項があります
これらの技をやるに当たりまして2つのこと
しっかりと訓練をしてください
それをなしでやってもわからないという強烈な内容ですので気を付けて聴いてください

それでは確認事項その1
左の準備が完全に出来ているか
同時進行してはいけません
必ず左の指は先行すること
こういうことでございます
ソルの練習曲9番でいつもこの話をします
わかりやすい題材です、まず左手を見てください
出始めの2つ3つの音でわかります
estudio9l

基礎5

もう1度やってみます
最初の音を弾きますと直ちに次の形が出来ています
これは右も左も同じです

これを弾きますと直ちに次の形が出来ております

これを弾きますと直ちに次の形が出来ております

今写っている左手の形は次に弾く音であるということです

弾いて感慨深くその音を見ているのはいいんですけども
ギターはポーンと鳴るとすぐに音がなくなります
どんなに自分が伸ばしたいと思っても簡単には伸びてくれない
ポーンと鳴るとピアノ、フォルテピアノになる
これはギターという楽器の音ですから基本的には弾いたら次の準備をします

これは単旋律でレガートな曲でも同じ
パーセルのメヌエット冒頭部演奏
次の音で待っている
次、次と行きます
これが行って待ってるという状況です
本当に大切な確認事項です
パーセル:メヌエット

もう1つあります
それはアルペジオ
前回アルペジオの型で団子型とかお皿型とか出てきましたが
右手を注意して見てください
基本はこの4本の指がとなりの弦
仮に薬指が1弦としますと2、3、4と指が順番に並んだときに
私は指が全て引っ付いています
単独の指で弾くのではなく手で、手首から先はひとつとなって動こうとしています

これを順番に弾いたとき団子型は登場します
次にimaは1、2、3弦なのですが親指を5弦にします
すると先ほど引っ付いていた指が少し離れます
この少し離れるということに対して少し敏感になってもらわないと話が前に進みません

引っ付いてるのも離れてるのも変わりないのは鈍感
芸術の話が出来ないです
中には離れていても近くであっても同じように弾く人がいると思いますが
それは鈍感になれというようなもの

親指が4弦から5弦に行くと少し間ができます
5弦を弾きますと親指が引っ付いて先程と同じ状態が生まれました
次、親指は弾かずに3本imaにバトンタッチをして分かれて行きます

この時にベースが鳴ってやや間があって最後の所でちょいっと間があって強くなるのがバーベル型
先程のは団子型です

今度は親指が6弦に行きます
ものすごく間が開きます
これは私にとって開きすぎで演奏するのが自分の中で不可能になっていますので
全部の指を引っ付けた状態、腕の状態で6弦に行きます
そして5弦に向かって親指を弾きます
それからおもむろに離れてima3本が1弦2弦3弦に移動して弾きます
これは爆発型になります
ベースをしっかり弾いて、この時は腕で弾いてます、親指を使って腕で弾いてます
で、移動して弾きます
親指で弾いて、弦を切るように弾いた後押し込みますとヘアピン型に変わります

この時点で最初の4弦に置いた状態が出来上がるのでそれを弾く

全ては親指と人差し指の距離でアルペジオのかんかくは出来ています
引っ付いた状態
1つ弦が開いた状態
2つ弦が開くというのはウルトラC、とても難しい技
私は出来ないので全体で持って行く、そんな感じになります

これが確認事項です。

estudio9r

https://youtu.be/kW4pJ1NkeCo
2010/07/10 に公開


49の技、28まで録画しました
ここで技について話したいと思います

柔道、剣道の技
柔道 一本!
勝負と言う意味では優勢などで勝った負けたとなりますが
見ている側からすれば一本で決まれば判りやすいし気持ち良いです

寝技、関節技で痛そうなのもあります、相手が参ったをするという
私はあまり好きではないです

背負い投げ一本はされた方は痛くないのでは
見ていて美しく決まった技は受けた相手も気持ち良い筈です
痛いなどではないと思います

私が技の話をするようになったのは日本の習い事の中には型があります
四年ほど裏千家を習いました
確かに美しいです

ある型を、会得はしませんでしたが先生がやってる姿、生徒さんがやってる姿を見ましたときに
決まりますと綺麗と感じます
音楽でもそういうことが出来ないかと思い探し出したわけです

最初に劇的消音を話しました
あれを発見したときもなんと格好良い、ピアニシモの音がこんなに格好良くみえるという所からスタートしました

もう1つ別の話ですが
百mを走る
1位を目指すのとどうすれば格好良く走れるかというのは意味が違います
世界記録は10秒を切り速く走っています
あれ、美しいでしょう
おそらく1位になった人は始めは1位を目指したかもですが途中で方向を変えたと思います
どうやったら本当に美しく走れるか
人間の体をどうやれば最大限に効果は出るのか
走るということに対してどうやれば最も筋肉が合理的に動いて形も美しく、したと思います
そうすると結果として1位になった

ある大会で我武者羅に1位をなればいいと
変な言い方をすれば汚い手を使ってもいいわけです
そういう手を使って1位になるよりは美しく走る事の方が大切

それを曲解して美しさの競争をしようというのがありましてそれは無茶苦茶な発想
そんな競争しなくていいです
美しいと感じること、格好良いと感じること
それらがあると思いますのでじっくりと見つめて欲しいです
なぜ僕はこれを格好良いと思うのだろう
なぜこれが綺麗と感じるのか
それを考えると何か別の物が見えて来ます

このときに絶対にして欲しくないのは人の噂、人が言っている、この人が良いと言われている
ものの後ろにあるのを見ないことです
今目の前にあること、自分が感じたことを見て欲しいです

料理番組でいうとここの料理は旨いんだ、だから旨いんだではなく
食べに行って自分が美味しいかどうか決めたらいい
人の噂、価値判断を自分に持って来ない
本当に自分が良いと思うことを突き詰めて行くと必ず自分の中にある審美眼が目覚めます
そうすると世の中の言われている基準がいかにいい加減か判ってきます

皆さんの中にある美的な意識をくすぐることが出来れば49の技の目的は達せられるわけでございます
中盤を過ぎまして残り21、お楽しみください。

https://youtu.be/wupJj7HfZXk
2010/12/13 に公開


次はアルペジオの本道でございます
音もさることながら私の演奏スタイル
右手左手、特に右手を注意深く観察して頂きたいと思います

ベイシックの4つの形を紹介します
型としては5になります

アルペジオにはベースが必ずあります、旋律ラインもあるとしたものですが
ベースライン、基本になる音が大きいとアルペジオは小さくなります

基本の音が小さくなるとそこから段々クレシェンドして大きくなります
これが基本の型

それをこんなふうにやります
ベースが大きいときは
・・小さくなります
そして小さい音からどんどん大きくなります

小さい音からクレシェンド
・・大きくなると小さくなります

強弱の関係です


続いて型5の2番目は腕を使って弾く
腕だけを使います
こんな感じになります

腕を上下に動かしながら
・・弾きます


型5の3番目は指だけを使って演奏します


最後はストロークが基本になっています
親指の動きを注目してください
親指が6弦から1弦に行って戻ってきます、この動きに合わせてアルペジオ


これが4つの型ですがいずれにも言えることは
右手が1弦から外あるいは6弦から外には出ません
この中でだけ処理します

従ってこういう動きは無いです
大袈裟にやったのですがこれもダメです
弦からスタートするので弦から外に指が出ることはアルペジオの練習では基本的に存在しません
これは注意をして練習して頂きたいと思います
以上です。
arupejio 4type

https://youtu.be/cxmdyN-Jljo
2011/09/07 に公開


それではギターのレッスンということで1時間目でございます

最終的には49の技というお話をするんですけれども
その前にまず
ギターという楽器がどう音が鳴っているのかベイシックなことを言っておきたいと思います

共通の認識がなければ話がちぐはぐになるのでそれをここでしっかり聴いて頂きたいと思います
一番最初は縦振動と横振動
ギターは弦を張ってそれを振動させることでギターに伝わって木がふるえてその楽器独特の音色を醸し出すわけです

そのときに単に弾くだけ、最初はみんなそうなんですけども
だんだん音に興味が出てきて音の性質の違いが判りだしますと
どうやって弾くのがいいのか、具体的には右手のタッチをどうするのがいいのかという問題になってきます
その時、表面板に対して弦を縦に振動させる
振動が始まるとローリング、弦は回るんですけども最初の振動は縦にするのか横にするのかでギターの音色が随分違うことをまず知っておいてほしいです

私は表面板に対して縦に振動するということからギターを始めています
指で普通に弾くと横に振動させます
弦は一旦横の振動からローリングするのですが初期の振動が非常に大切です
通常は皆さん横振動で弾かれています

縦で弾くというのは弦を表面板に向かって押し込んで弾きます
弾き終わった指を見て頂きますと表面板に当たっていることがわかるでしょうか
そこから返ってきます
横振動は横の弦に当てて横に振動します

このときにどちらが良い悪いではなく2種類があることをしっかりと認めてほしいです
縦になんか演奏できないと言ってしまえばそれでおしまい、非常に楽なんですが実際には演奏できます

ギターは開放弦ばかり弾くのではなく押さえて弾きますから
このフレットの近くを押さえるという理由の1つに
横振動させると左手の押弦点が動きます
サドル側も若干ですが動きます、横揺れがします
縦に振動させるのは押弦点に対してブレがないです
まるまる90度で演奏すれば理想なんですが現実は60度70度若干斜めになります
縦に近い振動と横に近い振動では随分と表面板の振動の仕方が変わることを今回はお米を置きましてどう振動してるか目で見て確認してもらいます

それともう1つは弾き方について同じことですが
しっかり準備をして弾くことです
当たり前のことですが準備して弾いてる人を世界で3人ぐらいしか知りません
皆さんヤマ勘で弾かれてます
ちょっと映像で確認してください

・・こうやって弾いてる人が、そういうのばかりお目にかかってます
1弦を弾くときに1弦の少し向こうの方から指が来ましてそこを通過して弾きます

ここで一旦留まって弾きますということはよく聞くんですが
現実を見ますとヤマ勘で弾いてます
指の通過途中にたまたま弦があったという
そうすると・・こんな動きになります

でも本当に準備を完璧にするなら1弦から外に指は行かない筈
親指が6弦から外に行く必要がないです
ちょっと見てください
弾いた後、その弾いた弦に指が戻ればいいのです
1弦を弾く場合、1弦の外に行く必要がありません
こう行った後ここに戻ればいい
同じ要領で親指も弾いた後ここに戻ればいいです
・・こうなる必要がないです
とすると・・という弾き方、よく見る弾き方ですが円運動しています
このとき6弦から外に行って返ってます

そういう動きではなく弾いた所に戻ってくればいいです
・・動きはこれで充分です

指の動きを見ていますと1弦と6弦の間で動く
これが準備をして弾いている1つの証拠になります

以上、縦の振動と準備をして弾くということを会得、認識をして自分でそれを認める
出来ないものは仕方がないので出来ないという処理をしてください
ただ、プロと呼ばれる人は果たしてそれでいいのかと、私の問い掛けになります

楽器で表現するときに楽器の性質をよく知って自分が表現すべきテクニックを磨く
音楽ですから音を磨くことを最初にやらないでとりあえず出た音で勝負するのはこれは如何なものかと思います

準備をして弾く、縦に弾く
そういうことを少し細かく解説をして1時間目を終わります。

https://youtu.be/Xd6TL_l5jME
2011/10/31 に公開



それではハーモニックス、クイを使ったハーモニックスということで
カタロニア民謡、アメリアの遺言
これをゆっくりと演奏します

前半は左手をこういう角度で見せます
左手、クイッとやりながら押さえているのを皆さんの目で確認してください

ハーモニックスになったときは角度を変えて一生懸命押さえ込んでいる姿を見てもらいます
最後は正面から全体を見てもらって確認をしてもらえばいいかなと思います
ゆっくりと演奏しております、是非参考にしてください。

アメリアの遺言(新)

018アメリアの遺言

アメリアの遺言:音玉




左手のヒント@@

左手のヒント1

左手のヒント2

左手のヒント3


左手のヒント^^

gui@

gui2

↑このページのトップヘ