カテゴリ:ベイシック・奏法 > 揺らぎサウンド

https://youtu.be/xDeBumf4IQI
2014/12/22 に公開





マラッツ演奏・・

2:34
ものすごくバランスいいね
この感じになっちゃって

もっと鳴ってましたが場所が違うと


3:42 Start

4:54
なかなか渋い曲を弾いてらっしゃいますね
渋いでしょ

これは難しいんです


6:13
間奏曲にはいくつか秘密があるのですがひとつ・・
そのタイミングは大きな問題を抱えています・・

あの・・と、・・というのは全く別のものなのです、続けてはいけないので、そこの間を・・ってやるとまずいです・・

・・で・・やめて、楽器でいうとバイオリンからコントラバスに変えるぐらいなのです・・上はフルートがポーン・・
伸ばしたらダメ・・
それがね・・全部強いんです・・
・・じゃなくて・・ラだけなんです・・

という表現なのです
この曲はその表現が全体を、特に後半・・という表現

確かにその通りですね・・
・・やっちゃったら・・次も・・次も・・

8:24
もうしない・・ここはしない方が・・というのは別の所に残して・・

アクセントというのは意外なほどベースだけ・・上には付けない・・上はすごい柔らかいです・・
鳴った瞬間に切ってしまいます・・
全部がしーんとなるまで待つように・・

最初の所・・その表現変えるように・・
悪い息子がおかん!と入ってくるのに対して、お母さんはものすごく、どうしたの?と柔らかな口調が変わっちゃうのです
次に・・金くれとベースの・・なんだけど・・上はどこ吹く風なんです・・

最後にどうしてもやってしまうのです・・クセなんです

・・もっと優しいんです・・間があって優しい・・10:29
優しいです・・
同じように・・という表現なんです、これが聴いてたら判るけど弾くと・・
そうですね

・・怒ってしまう、そうじゃなくて・・そうだね・・
・・すると段々・・
・・最後は・・劇的消音で強く弾いてるけど弱く聴こえます・・これだけ技使ったらもう使わない・・何もやらなくていいです
僕の楽譜の書き方がそういうふうに最後になったらやらなくていい所だけ単独でこう、書いてないかな、書いてますね

間の取り方にしてもフォルテピアノにしても、ついやっちゃう
人の話を聞いてるときに賛同してるのについ怒ってるというのが・・と弾いてしまう
どうしても・・ピアニシモになります
これも一緒です・・超ピアニシモ・・
それはもうその日に鳴らなかったら終わりなので・・共鳴が鳴ってくれれば・・

これが共鳴の出る楽器がほとんどないですね
ラミレスでやってると他があまりに出ないのでびっくりします

ユーチューブ見たときに初めて知りました
そうですか、シラミの法則

鳴らしだすと鳴ってくれる、鳴らさないと・・
1回のレッスンでそれだけになることがあります
最初出ないけど終わる頃にはみんな出すようになる、30分あれば充分出るので・・

あのときにクイが出来るようになったらものすごい早いです
小さく弾いてクイとして離してごらんと言うとみんな出来る・・

そういうことだな・・
なるほど、もう1回練習しよう

間奏曲はかなり難しいです、ここの間が難しいです
準備して2呼吸してから弾いて丁度いい・・

14:45
・・準備して・・で、充分間に合います・・いつもの間の倍あるから・・そこだけもっと離しても良かったかなと、楽譜書くときに・・

そんなんでいいと思います、充分説得力あります
がんばり所をあそことあそことあそこって決めておけば、その音は充分出るから、それ持ってない人は出来ないです
結局は技が要る
そういうことなんです

ブワンという音は弾き方で普通出ないですよこれ・・
僕は聴いたことないです、外では、ビヨーンしか聴いたことない
消音も出来なければいけないし
押し込まなければいけないし

やっぱり押し込む、消音、1セットですから
押し込むだけではダメ、消音も出来ないと、そうするとあれだけの技が必要になってくる

消音
ブワン
ゴイ

連続技

絶対、消音が出来ないと音楽が作れないのは事実
事実ですね

これは事実ですよ、はっきり言えることはギターは弾いたら弾きっぱなしできるけど
バイオリンも声楽も吹楽もやめたら止まりますから
そうですね
やめて止まらないのはギターと
ピアノはペダル使わなければ止まる
ギターは止まらないから止めなければいけない
音を止めたから。

https://youtu.be/_TyyagNqI_M
2014/12/22 に公開





流れというものがどうなってるのかが解るのにそうですね、例えばタラランランタンタンという所があるじゃないですか・・
4回出て来るでしょ
最初・・同じ音がもういっぺん・・次に旋律はほとんど一緒なんだけどベースが関わったことで・・
今度レがレ#の・・上にあがって・・もういっぺん・・4回同じことやってから・・
という動きが出て来る、この4つというのは何の役目をしているかいうのをたぶん誤解しているかと思うんですね
もともと・・ていうのを出してきたい
言葉でいうと僕は君のことが好きなんだ、と言いたいために花束を用意したり指輪を開けてみたり今日は月が綺麗だねと言うてみたり
そのときに本当に言いたいことのためにやっているのにアマチュアさんはこれが目的になって・・
花を出すのが目的になっちゃう、それはポーズですと、ポーズの所を相手に聴かせてどうするのと
だから何が言いたいねんと言ってほしい、そのときに・・という表現をまず2出来ないとダメです

1つは・・ちょっと真似してください・・
これは装飾音符じゃなくて歌にしてます
それに対して・・というのは装飾音符なんです
書き方は装飾音符なんだけども2つ表現しないといけない

タララランタンていうのは
これで俺が好きだと言えるかな
向こうから見たらあれ高そうやなに見えるわけです
そしたら見てる物は一緒なんだけど片一方は気持ち、片一方は値段で見てる
それを聴き手にわかるように言う・・と言ったあとは・・次は・・もう簡単な表現・・次も・・
これは同じ旋律を見方変えました、その結果・・

その次に何を言いたいかというと・・
そう、だからこの・・というのと・・次は違うことなんですよ・・

そこから思い切って言う、言っちゃったんです、そしたら・・
次が、えらいこと言うてもた、みたいな心の表現になってくる、そういう場面を想像してもらうと・・
いっぺん今度は逆転します、まずはゆっくり・・
そのときにベースが鳴ってますよね
タララランランいうときに・・どうですかベースが鳴ってたら
やかしいね
やかましいでしょ、そしたら・・
次は・・鳴っててもいいんです、もういっぺんやりますね
最初にまず弾いて切って・・
軽快に・・それ伸ばさなくていいです、軽快なので・・
今度も・・ベース切って・・一生懸命言うたあと・・
でここで・・意を決しますから間がいるんです独特の、でエネルギー爆発が・・
で・・
GOOD!・・
という表現ですねそこはテクニックが要るので今日の課題じゃないです 笑
参考までにそこが知りたいと・・
これは今まで起こった事件がずーっと静まっていく場面がいるんです、でないと聴いてる方が次の場面に行けない
忙しいよね
忙しい、その原因が・・これは二人が汗かいて真っ赤な顔してる所に仲居さんが来てお茶でもどうぞと言ってるのがこれ・・

6:12
今度は恋の話・・
ものすごく冷静になって実は、という話になってくる、楽譜を見てこの曲をやる人は全部興奮しちゃう
ウンウン、ウンウンウン
気持ちの中でね
そやね
乗るんですよ、で、やっちゃうんです
冷静になる部分というのが実は、そうなんです、そこはものすごい冷静、そうそう上手い・・
これは愛の告白ですから・・
それが男の気持ちではなく今度は女性の気持ちになるんです
女性は嬉しいんですよやっぱり・・

そしたら今度はどういう表現になるかというともう少しオーバーになるんですね
その話はやりだすと一大事件が出来るのでさっきの・・なんですけどそれが出て来るちょっと前に遡って

7:39
・・これをやがて自分の好きな女性に恋を打ち明けるのにまず観客に僕には好きな人がいるんですよとわからせないかんわけやね
で・・そう、僕には大好きな人がいるんですよというときに聴き手はその人がどんな人かわからない
で・・その人はどんな人なの・・と説明してるんです・・
次にその人のことを言い出したら・・この・・表現している・・
さっきよりも・・嬉々としてくる・・次に・・実際にどれぐらい美しいかを話します・・
優しいですね・・美しさを言ってるので興奮して言うと聴いてる方はわからない
全部そういえば
解説してるときに大声出したりなどしない方がいいです
大声出すのはさっきのここに・・置いとかないともったいない
どういう描写をしてるか分かり出すと全体が伝わります、最初にあるリズムは何なのかというと、この話が恋物語です
セレナーデ、恋の話ですから、自分が楽しいことを聴き手に伝えるけれども一生懸命に話すのではなくホホホぐらいでいい
それにはまずよくご存知、一発で切ります・・次に・・というのは・・は強いけれど・・速く弾くとわからないので・・でいいです・・
ものすごく柔らかいです、次も・・は強いけれど・・はただ軽いだけ・・そうそう・・
それが・・とやると感情が入ってるけれど聴いてる方は解らない・・ちょっとだけでいい・・そうそう・・
二回目はもういいです・・普通ですよね・・ゆっくりにして・・これが今から彼女の話を・・
可愛い子なんだよと写真でも見せるような感じで・・話を進めていく・・
このポヨンというのは聴いてる方の反応なので合いの手ぐらいでいいです・・
話に沿って演奏が出来る、話がないと感情になるというのが最初の部分です
次に核心に入って最後ハッピーエンドになるという感じでいかがでしょうか

12:19
素晴らしいですね
聴いてたらよくわかります
弾いてるのが変わりました
楽譜を目の前にして指揮するときは同じようなことを言うけどこの場所だと始めから興奮して、セレナーデ、情熱的
演奏者と指揮者の違い
演奏し出すと興奮する、レッスンしたら冷静に出来る
たぶんセゴビアさんが自分の先生と私が喧嘩したことがないというのは自分が演奏したことに対して自分がちゃんと指揮出来るから直して
弾く人とコントロールする人は自分の中に
完全にいるんだということですね

僕も最近それができるようになった、ごく最近、クイとグイで出来るようになった、これがなかったときは出来なかった

これなんか普通なら出来ない
出来ないですよクイグイがなかったら
できない
できないできない
クイがなかったらできない

・・てやるから次へ行んですよ
これ彼が増田さんが上手くなった
上手くなりましたね
なんぼやっても出来なかったものがクイだと言えば体動かして出来た
体が動きますね

14:21
もう1ヶ所ものすごい直りそうな所をやってみたい・・どこだったかな・・
後ろの方です3枚目の上から3段目
自分で書いててわからない、あの・・その所から・・3段、、違うか、2枚目か、、
2枚目の一番下・・ここでもいいんだけど・・もし訊きたいならここ大事な所です・・そこでもいいんですが今僕がやった所は・・
3枚目の2段目、、一番上の、、3ページ目の一番上・・そこそこ・・3枚目の一番上の最後の方・・このアルペジオだけちょっとやってみましょう・・
全然おかしくないんだけど・・この4弦の音がものすごいアクセント付きます・・次が・・アクセントないんです・・
これの次に聴こえない方がいい・・次から・・

16:35
やがて出て来るこれをやるために真ん中だけポンと入れて聴かせる、想像させてる・・ものすごく小さくなります・・
そうやって気をもたせている、次に今度は逆転するんです、はっきりするんです・・こういう感じ
アルペジオの同じ形が並んでるときは必ず違う表現が要求されてて、その流れで次を作る・・
その次に旋律が・・最初に印象的なのが出たら次は・・もう・・このパターンは相手に聴かせてますから頑張らなくていい

みんなはそれで満足したので次なにが出て来るか期待している・・この瞬間に・・
想像を絶するものが出て来るんですね

17:54
・・やかましいのが・・でまた・・よく知った形で出てホッとさせといてまた想像を絶するものが出て来る・・
もれはもう完全にフラメンコの、熱情的ですからね、またブンチャンブンチャンいうのは既に知ってるパターンが来てもう1回・・
こうやって・・次は何が出て来るか想像してください・・
スケール、半音階が出て来る
この音自体も揺らぎがなかったらでませんね
100%出ません
出ませんよ・・
それをきれいな音で弾かれたらたまったものではありません
リズムもきれいに・・幼稚園の劇に変わってしまう、いかに狂わせるかは次の技になりますけどそういうウンチャウンチャがやがて相手を期待させて待たせるのに使われている、そしたら最初にそれを結果として弾いてしまったらダメであくまでも想像するための準備段階として弾いてもらうみたいな

19:22
とにかくこの瞬間に・・次何が出て来るかという間が要ります、面白いです作り方が
何故かちょっとわかりました、あの会場鳴らなかったから始めに鳴らしたのです
一生懸命ね
ずーっと
鳴らない会場は出来ないのですこれが
そうかぁ
音楽が作れない、そしたら興奮だけして僕のこの前の会場がそうだったんですけどね、鳴らないというのは出来ないということ、鳴るから全部のことが出来る
自分が興奮しきってるからそれがありありと見える、自分自身で、見たときにね、見たときに、、、、
やりたいやりたいが表に出る
そうですね
自分の家でやってるときは鳴ってるからそんなに鳴らしたくない
もちろんそうですよ、そういう場面がいっぱいあるはずなので
それを普段意識をしているかしていないかで結構変わってきます
パート練習というのが大事で、ここ何を表現してるかというときにやはりここしましょういうのがあって、今みたいな感じ
1曲をとりあえず1回やって一旦やめて二回目に挑戦するときはうちではいつもそうですがここだけしようかと、一ヶ所だけやるんです、そしたら出来る
普通は生徒から言わずに僕の方からここしましょうと

21:16
一番聴かせ所ですからね・・
こういう旋律もちょっとコツがあって・・全部弾くとダメなんです
いろいろやってます、これ・・
それはわりと普通にやることなのですが実はラにはアクセント付けない方がいいです、その前のミの・・ピアニシモにします・・
相手が耳を澄ませた所に・・強く弾いたのはミだけです・・そうですね、ただし強いというのは強いけれど・・
ラに向かって行く強さです・・
ここでベースと上がちょっと・・ズラすというのが弦楽器の一つのやり方で最初にまず解決すべきタイミングの所にベースを持って来る、遅らせてから・・
そうそう、そっちの音もね・・ベースだけはあるタイミングで弾かないと付いて来れないです・・
そうそう、ティーヤー・・だからそれもあまり強く・・そう、相手に作ってもらう方がいいです・・
次は強いんです・・また弱くなります、フォルテピアノ・・
こういう旋律のときってフォルテピアノはっきりしてるので、はっきりフォルテピアノやらないと・・とレガートに言われたら意味がわからなくなる・・

24:14
ここにその人の個性、語り口調が出て来るのでそれは僕がこうしなさいと言うわけにはいかない、その人の口調でいいです
ただ一番大事な音は絶対強く弾かないように、どうしても強くなってしまうんですね、相手に作ってもらうのがいいです・・
それで充分聴こえますから・・次絶対期待するので、次何が来るかという・・そしたら小さい音で弾くとよく聴こえるという感じ・・
当たり前のことばかりだけど一人で弾いてるとどうしても興奮するという、よくわかります・・
ひとつ、同じことが4回出て来るときは非常に大事、音楽で
印象付けてて4つで完結してるのです何かを、何で完結してるのか謎が解けたら大体うまく行きます
4回同じようことやってるときってとにかく印象付けたい、ものすごい印象付けたい
それを使って後で必ず何かが出て来るのです、なかなか面白いと私は思っております
もう1回弾きましょう。

https://youtu.be/GQuWHCrE46I
2014/10/12 に公開





リュートの為の小品1

リュートの為の小品2

リュートの為の小品3

リュートの為の小品1歌絵

リュートの為の小品白い花絵

リュートの為の小品カンツオーネ絵

リュートの小品:サルタレーロ^^^

https://youtu.be/HDTsLUoXlkw
2014/09/20 に公開




Roncalli (1)

Roncalli (2)

https://youtu.be/a-S6bjW1CYI
2014/09/20 に公開




Roncalli (3)

https://youtu.be/iBvuiJFsfwA
2014/09/20 に公開




アルハンブラに関してあと2つ助言したいと思います
こういう所・・
トレモロが2つになってスラーが入る独特の節回しがあります
トレモロ3つ弾く所に4つ入るから速く弾く人がいますがこれは節回しなので逆にゆっくり弾く方が良いです

よく聴くのは・・パッとやってしまいますがそうではなくて・・
ここは本当に丁寧に弾く場所なのです、そうして欲しがっております
実際に自分がそう弾いてみると曲がそうだと反応してくれます
速く弾いてると本人は気持ち良いかもですが聴いてると自棄に聴こえます、これは気を付けないといけません


1:21 https://youtu.be/iBvuiJFsfwA?t=1m21s
最後にこの曲を締める次の和音ですが意外と皆さんバランスが悪いです
右手を見て頂きます
通常のアルペジオでも一緒ですがpimaと順番に動くときは指でpimaと弾くのではなく
このまま手首を回転するだけで音は出ます
弦に指が当たり爪も当たりこのまま回転するだけでいいです

ソルのメヌエット作品11の6番
・・回転してるだけです

これを・・指で弾いて行くと頭の指令としては1234と四回言わないといけませんが
これは1で終いです
それをアルハンブラの最後に使うのですがコツがあります
123までは従来通り回転しています
最後だけ揺らぎ、下から上にポンと跳ね上げます
そうするとバランスが良いです

一番最後の和音は今と同じことですがぐっと押してそのまま真上に離せばこれで音が出ます
このときも指で弾くのではなくて離すだけです
先のは回転しながら離して今度は回転せずに離しただけです

曲の最後はものすごく大事です
どんなに良いことやってきても最後にドジるとそれが印象に残ってしまうので
特にこの曲は最後の・・このバランスを是非会得して頂きたいと思います。

https://youtu.be/qR9IOi7O-sY
2014/09/20 に公開




最初にキツツキ奏法をお見せいたします
親指を4弦に置いてキツツキのようにフレットに叩き付けます
フレットに触れる音がします
これを少しずつ速くして・・これぐらい・・これが出来たら他の指imaを付けます
全部の指を押したら抵抗があります
トレモロは1個ずつなので薬指を1弦に置いて親指と両方叩いて・・
中指と・・
人差し指・・弦に引っ付けています

それはすぐ出来ますので
この動きに今やった薬指、中指、人差し指が順番に弦に乗せていきます・・
一緒になって乗せて行きます

今は乗せてそっと離しましたが景気良く離すと音が出ます
親指と中指がぐっと入って上がったときには・・
親指はこのままです
他の指を景気良く離すと音が・・
どんな音がするか実はわからない、親指が乗っかってるので

これがキツツキトレモロです


次に非常に大事な事なのですが親指、5弦を弾いて4弦にしっかり倒します
親指がしっかり倒してある所から薬指を1弦に当ててこれを抜きますと意外なほど小さな音がします
ぐーっと押し込むと・・
次の薬指は小さな音がします
ところがそんなに押し込まなくて親指がはじいてしまうと上の音はポンと反動で景気良く返って来ます

で・・・
これでも良いですけど実際には最初の薬指の音は小さく、段々としっかりになります
耳を澄ませて聴いてください・・
今のは最初の音ほとんど聴こえなかったと思います、もう一度やります・・

続いて4弦をはじくと・・と聴こえて参ります
それを練習で続けると・・な感じになります
最初の薬指の音が聴こえないのです
揺らぎを使っても一緒です
トレモロが ・ァアーっと出て来る
そういうことをするとアルハンブラの捉え方がコロッと変わると思います

それがキツツキ奏法です

もう1つはこの曲の最初にやってもらうのは同じ弦でpamiと弾きます・・
そうすることで親指と人差し指が形として何も言わなくても大体良い形が出来上がるのです
同じ弦で出来るようになったら親指を2弦にしてトレモロは1弦

やってもらうと解りますが親指が隣りの弦を弾いて次トレモロはお互い近くにいて弾きづらい、あまり大きな音が出ないです
親指が離れていきますとお互いに独立して元気な音が出て来るのです

隣りの弦で弾いて次の音が出ないけど次の音が欲しいときに
親指じゃなく人差し指に弾いてもらおうというのが私の発想です
したがって思い切り弾いてからまた返って来るのです

5:50 https://youtu.be/qR9IOi7O-sY?t=5m50s

私のアルハンブラは今の動きが基本になって出来上がっております
この曲が好きな方は試して頂いたらいいと思います、別のアルハンブラが出現いたします。

https://youtu.be/7InnVCx2U44
2014/09/14 に公開




アルハンブラ20141220 (1)

アルハンブラ20141220 (2)

アルハンブラ20141220 (3)

https://youtu.be/poTN3VUyzgg
2014/09/14 に公開




始めに揺らぎを使った右手を見て頂きます


1:25 https://youtu.be/poTN3VUyzgg?t=1m25s
次は左手を見て頂きます、これはクイを使った練習方法です


2:52 https://youtu.be/poTN3VUyzgg?t=2m52s
次にもう一度右手の動きを見てもらいますがトレモロの練習方法です
「アルハンブラの思い出」の練習方法 キツツキ奏法


https://youtu.be/MgObHPtfUEE
2014/09/14 に公開




タルレガ:アルハンブラの思い出1

タルレガ:アルハンブラの思い出2

アルハンブラの思い出1

アルハンブラの思い出2

アルハンブラの思い出3

アルハンブラの想い出:音玉^^1

アルハンブラの想い出:音玉^^2

↑このページのトップヘ