カテゴリ:ベイシック・奏法 > 弾き方・からだのこと


動きの変わり方
https://youtu.be/M6ycVlQNHFE


続きましてアルペジオの部分についての質問です

前回のグランソロ質問コーナーから1週間
佳奈子さんは質問するのだからと、この曲の音出しをしてきました
その経験からこんな所はどうするのだろうということです

アルペジオの形が変わります
突然左が動きます
アルペジオをじっと押さえているとそこで動けません
1回ずつ離します
やってみてください
困っている人は解決します


《グランソロ》より、苦手なとこ、好きなとき。
https://youtu.be/GnFabZ8kX6o


4つ目の質問です


インタビューになりますがこの曲の中で最も難しいとか好きな所を教えてください
1ケ所でお願いします


楽譜でいうとめちゃくちゃ苦手な所があります
何か所もあるんですよ
何か所もあるんですが1ケ所だけということならここなんです

得意という意味ではなくものすごく好きな所もあります
それはここなんです

ちなみにいうとこの後に出てくる動きが苦手なんです

さっきの場所と姿が似てますね
ものすごく好きな後に苦手なのがある

弾いてみます



https://youtu.be/wVVL0ZNXCaY


今回の質問はアデリータのあるタイミング
何かが出来ないとかこれがわからないというときは
どうしたら出来るかそれは何かを答えたらいいのですが
今回の質問者は全て出来るのです
ところが何かがおかしいと感じている
そういう人は持っている技を100%使ってないのです
こちらから見ると半分ぐらいしか使ってない

例えば魚を切るときにそれ用の包丁を使えばいいけど
その辺にある包丁でやっている
うまいこと切れないと頑張って練習するより
包丁替えた方が良いというアドバイスに変わるわけです

なのでこれから話すことはそのテクニックを持ってない人は何のことかわかりません

アデリータの出始め
これにどんなテクニックを使っているか
右手のリトルハッピーを使っています

ベースをこっちへ向かって弾きます
そのまま移動して高音ミを弾いたときに
次に左手スラーではじきます

そのときに左がじっとしているんです
ではなくて

と戻るんです

そうするとまたここから弾けます
今度は弾いてこっちへ移動しながら弾きます

ところがこれを止まってしまうとここから弾きますので
無理やり音を出す
くるくる回りながら出しているのではなく
どこかで止まっているか無理しているかどちらかになります

そこだけを注目してもう一度目を皿のようにしてご覧ください

次は次でまた違う動きです
それは出来ていましたのでここだけのアドバイスにいたしました



2018/12/21 に公開
https://youtu.be/IdgDFjKRfXA
見ない方がいい!




2018/12/21 に公開
https://youtu.be/WMCFhBlK2Yg
身体全体で感じる、とは?




2018/12/21 に公開
https://youtu.be/rJXU8EAPhuc
最初の弾き方。次にフォルテ・ピアノ。
左手を加えて「クイッ!」、さらに左手を移動する時に②を弾く!
ここからスタートすれば、楽しいことが一杯待っているよ!


2018/12/18 に公開
https://youtu.be/Yv1dyijVY68



https://youtu.be/_Dqws5e4T7Q
2018/11/15 に公開


質問があるんですけどあまりに多くて、何か良い質問の仕方を教えてください
質問の仕方ですか? 簡単です
まず目を閉じてください 左手を2、3回まわします
そして意味もなく目をつむったまま楽譜の前に手を持って行って指します
休符に行きました
そしたらこの休符はどういう意味ですかと訊くのです
この休符はどういう意味ですか
そうなのです それでいいのです すごいでしょ? すごいと思いません?
自分が思っている所ではなくてそれを指に任せたのです 占いと同じ
それをもっともらしく先生この休符ですけどと訊いたらその先生のレベルが判るのです
これが質問の仕方、一番簡単な質問の仕方です
みなさんわかったでしょうか?






kokodesuyo




https://youtu.be/eAKAn433FHo
2018/09/05 に公開
練習の仕方を録画してみました。
解説の時にベースの音を間違えました!
まあ、よくあることです、スミマセン!






syuironotou1

ギターの基礎 土台 片足立ち
https://youtu.be/pFt8BN4-kCE
2018/07/05 に公開




この前ちょっと掲示板に書いたんですがギターの基礎、ギター奏法の基礎というのとそれから土台
音楽をやる、何かをする以前の土台、体のあり方を2018年6月ずっと考えてまして答えは出てないのですが
現時点では自分達の体をもっと知らなければならないという気になっています
医学的に知るというのではなく自分の体感
どうやれば体は力が出るのだろうとかこういうことをすれば体の感じが変わるということを僕達は知らなさ過ぎたと思うのです、私だけかもしれませんが

1つの体の土台、片足立ちだとふと思いました
足ブラブラは前回録画しました、今も足ブラをしながら話をしています
最近何かといえば片足立ちをしています
歯を磨いたり炊事の時にこうやっています
信号待ちの時も片足上げています
片足で立つということ、子供のころ流行った遊びに大きなS字を描いてある1点があいていて、敵陣と自陣、あいている所から外に出るとケンケンで歩く
敵と会った時に相手を倒す、両足が着いたら負け、自陣に戻ったら両足をおろしていい
こういう遊びは体のバランスが養われたと思います

4:20
自分の過去を振り返った時、中学で陸上部に入りスタートの構えをした時に親指にかかる、ギターを始めた頃でこれはギターに面白そうだと直感しました
両手均等に体重をかけるのですが私は右にかけて親指がこうなってこの形を獲得しました
その後ギターの世界に入ってセゴビアテクニックという本がありまして右手の絵があるのです
それを自分でやった時に人差し指の第1第2関節の間、親指の第1関節が引っ付いた形に私は見えました
実際に絵を見ますとそうではないです、ちょっとずれています
6:30
親指のこの動きはきっと使うだろうと予感がありました
この動きで実際にギターを弾いてみますと、親指と人差し指が絶えず引っ付いています
5弦を弾きます、ここの動きだけなのですが結構破壊的な音がしています
腕を使うとこんな音です
音として聴いた時は後の方が圧倒的に綺麗です、こちらは汚い
これを曲の中で使うとアストリアスの始めなのですが
7:44
2回これで弾いて3回目これで弾いてみます、フォルテピアノの感覚がよくわかると思います
旋律の最後の音をこうするとピアニシモになります
その音だけ伸ばしていると聴こえる人がいます、伸ばして弾くとこうなります、全然違います
反動で腕を動かすとツバメ返しになります
Pとimaどちらも同じなのですが意識が第1関節に行っています

9:54
よく間違うのはアポヤンドの時にこうする人が多い
第1関節をしっかりとして弾く
ギターを弾く時の土台は第1関節がしっかりしていることが非常に大事
そうすると腕、肘、手の形ということに発展して最終的に片足立ちという所に行けば面白いというのが今の状態です
これが本当にそこへ行くのかまた違う舞踊の方に行くのか武道家に行くのかわからないですけども
ギター右手の土台は第1関節ではないか、そしてそれを使って音楽の基礎、奏法の基礎があるというのはまたこういうのがあるのではないかという途中経過です
このあとアグアドの練習曲をもう1度弾いてみます、その映像で第1関節がどう動いているか本当にそう使っているのか好奇の目で見て頂ければ面白いと思います。

↑このページのトップヘ