https://youtu.be/i5K03e4uj34
2010/05/08 に公開


もうひとつ準備をして弾くということにつきましても少しつっこんで解説しておこうと思います。
まず、普通のハ長調のスケールを使って、最初に弾いてみます
この右と左の動きをですね、まず皆さんで見て確認をして、それから解説をしたいと思います。

ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド

普通に見えたと思うんですけれども
ひょっとして皆さんはこういう動きで練習してはいないでしょうか。

ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド

これは同時進行の音楽の作り方です
ドの音を弾くときに準備してドを弾きました
その間は指は何もしていません左はこのままです
そしてレを弾くときにレの準備をしてレを弾きます
この間、指は何もしていません
ミを弾くときにミの準備をして弾きます
一見当たり前のようですが
こうではありません。

ドの音を弾くということは
これはスケールですけども次、レに決まっているんですね
だからドを弾いたあとはもうレの準備がすでに出来上がっています
この間、音はしていません
ひたすら準備のために指は弦の上に停まっています
レを弾くということは次ミに行くと決まっていますので
レを弾いた途端にミの準備をしているんです
次の音の場所で待つ
これが準備をして弾くという意味です。

もう一度見てください

右も左もレの所に行って待っています
レを弾くと
ミで待っています

絶えず次の音で待っています
では、このことをですねアストリアスという曲でちょっと確かめてみましょう

asturias1


スタートの音を弾きます
するとすぐに右も左も
次の伴奏の音に準備が行っています
左手は何も押さえませんので実はこの間に空中を散歩するんですけども
便宜上、今、次の音の上で指は待ち構えています
そして開放弦、伴奏のシを弾きますと
次の音の準備を親指、右手親指左手薬指がします
これを弾くと次の伴奏の音を順便をしています。

では

という動きで
少し速く弾いてみます

これが曲をゆっくりと弾くという意味です
でも
もしかしたら皆さんはゆっくり弾くというのをこういうふうに思っているのではないでしょうか

これは声に出して言いますと
おーはーよーおー
と、ゆっくり喋っているようなものです
ゆっくり喋るというのは実は
おはよう ございます と喋るのがゆっくり喋るです。

曲はおはようございますの発音の
お は よ う
というのをゆっくりと練習すること
これが音楽ではまず、最初に誰もがやる練習なんですね
やがてそれができたら
おはようという1つのフレーズをそのままテンポを落とさずに練習します

そのフレーズとフレーズの間をゆっくりあける
これが実際にはゆっくり演奏するという意味なんですね
それらは実際に準備がしっかり出来るようになったら
すぐに理解できるようになります。

それではもう1つ実際の曲を演奏しますのでその準備の状態をですね
目で一度確かめてください。

パーセルのメヌエットを演奏
パーセル:メヌエット

1時間目終了です。


基礎連右手1基礎連右手2
基礎連右手3基礎連右手4
基礎連右手5基礎連右手図

基礎連左1

基礎連左2

基礎連左3