カテゴリ:曲・レッスン > アルベニス 朱色の塔

一小節だけ!和音3つだけ!
押さえている指の離しかた。
中指が遅れて離します。このことで生まれるイメージを感じてください。


https://youtu.be/OvD1zzGkJoI
2018/10/31 に公開






syuironotou7


ちと長いですが撮り直すのめんどうなので、我慢してください!
ギターならではの弾き方が出てきます。
燕返しも解説してます。
さらにイメージからくる弾き方を見せます。
ただ書いてある音を出す、などというのはやめてほしいです。
今回「美しい音」とは無縁です!


https://youtu.be/_UIB9JWfRxY
2018/10/18 に公開





syuironotou6





https://youtu.be/J9134X-2AdQ
2018/10/12 に公開
旋律(スケール含)では一般的なことですがアルペジオも同じです。
最後のベース音を優しく弾きます。
二つ使うとナチュラルリットになりますよ!
身に付くまで、弾ける曲全てで試すと感覚で解るようになります。
それまでは決して頭で理解しようとしないでください。
頭で分かったことなど、実践では役に立ちません、むしろ害にすらなります!





syuironotou5


その4


https://youtu.be/LJrKNUR0TxI
2018/09/27 に公開

ベースと高音の関係について、「ウッワア!」とは?
ベースを弾くときの左手の動きに注意してください。





4-2


https://youtu.be/Lz-bYs1koSA
2018/09/28 に公開

同じ音形ですが、表現が違う場所の解説です。






syuironotou4



https://youtu.be/OlO2OOipQck
2018/09/20 に公開
「間」の凝縮。「間」の持つ力の話です。
私がスペイン物が基本だという理由です。
今回は、一ヶ所だけ話しましたが、実際は至るところに出てきます。
グラナダなどいきなり出ます。
これを感じるようになると、楽譜の見え方がコロッと変わります。





syuironotou3


https://youtu.be/JFTKJTiXDag
2018/09/14 に公開
前回の続きです、まだ17小節しか進んでいません。(今回は8小節)これぐらいのペースなら攻略出来るかも!
くれぐれも、音出し段階で「弾くだけ!」にしないでね。全てのフレーズ、全ての音には二種類の表現が隠れていることを身体で覚えてください。
このことは、全ての曲に当てはまります。





syuironotou2



https://youtu.be/eAKAn433FHo
2018/09/05 に公開
練習の仕方を録画してみました。
解説の時にベースの音を間違えました!
まあ、よくあることです、スミマセン!






syuironotou1

↑このページのトップヘ