カテゴリ:曲・レッスン > ソル・ギャロップ


https://youtu.be/V_u-VtlwZW0



ソルのギャロップで遊びましょう
僕のレッスンはですね遊びが99%で真面目なことは1%しか言いません
今日はソルのギャロップを持って来た人が非常に困っていることがあると、具体的に言ってくれました

まず出始めが困る、始められない
途中で速度を変えたいけれどもどうすれば変えられるのか
全体的にどうやってこの曲は遊ぶのだろう
そういう質問なんですね
ではちょっとやってみましょう

最初は開放弦から始まってるんですけどこれがもう非常にやりにくいと言うので
でたらめなことを言ってみたら非常に喜んでもらえたのででたらめをやってみると
始めに調弦をする真似をしてGコードを弾きます
そのまま左の手をギターの12フレットといいますかボディの所に持って行きます
この状態で4弦を弾くとこのポンと叩いてこっち側に行くみたいな感じで行きます
そして

その次なんですが速く弾くときに
と行くときはセーハをしている

彼女はゆっくり弾くのでわざわざこれを2弦から1弦に人差し指
と行っています
その方がタイミングはとりやすいですね

そしてまた同じことをやりますね
それが終わりまして続いて
これはわがサロンでは当たり前ですがクイクイッというのをやります
と弾くんじゃなくて1回ずつ動かします

これが終わって続いてBmになりまして上にあがって行く所
ここはその速度で弾くとちょっとまぬけな感じがするんです
少し速くしたい
どうやったらいいだろうということで鼓のギャグが出て参りましてポン!で速度を変えよう
こちらでポンと叩くわけですね
そうすると

要するに ポン♪

というのが出来る
元に戻す時には ポン ポン! と言うのです

えーーー 実際に叩いてもいいです

少し遅くなる時に ポン! ポン!


ポン♪


ポン ポン♪


あるいはさっきみたいに一度こちら側に行って
またスタートしても構わない

どんな曲でもこのポンポンというのは入るんですね
私が最初にやったのはトローバなんです
ポンポンポン♪と言うてから

ポン♪

ポンポン♪


ポンポン ポンポンポンポン ポンポン♪

ポーン♪


てなこと言いながら遊んでたんですけど面白い遊びだと思います
失礼いたしました


https://youtu.be/Y5TUNjj-dzo



ソルのギャロップで質問が2つありまして、発想に関してなんですね
1つはこの、移動するのと、 は同じという話を前にしたんです
これは解決したのですが
実はタイミングが
パッと移動する
ここで、パッと移動して
次の準備をしてから弾く
というのと
この動きと
両方あるんです

馬に乗っている話をしたときに

というのは馬の動きを充分に察知して騎手が一足早く動いている、馬のことを気遣ってやっている
それに対して
これが同時にというのは一緒になって走っている
これは軽く歩いているジョギングしているみたいな感じです

もう1つちょっと変なんですけど
ここもそうなんですね
と弾いたあとに移動して
やるんですね
これも馬と一緒に行動しているんですが

馬がじっとして、騎手もじっとして、乗ってなくて横に立っているんです
自分が立ってたのに馬が引っ張っていった状況だと後ろからおっとっとっとと
付いて行くときはベースを弾いてびっくりしてから移動して行く

これは普通の弾き方です
でもそれをベースを弾いてから慌てて行く
そうするとどういうことが起こるか
終わり方が変わってしまいます
画面から突然消える

だから
と、おとなしく終われるのか
びっくりして画面から消えるのか、の違いなんです

その辺わかりにくいとは思うんですけどこの曲知ってる人にとってはたぶん参考になると思います
おしまい

右手の基本の弾き方の応用例。


https://youtu.be/5TRz1XMuRUU


2019年1月4日です
新しい年の初めての動画でございます

去年の暮れにフォルテピアノ右手の弾き方をこんなのやりました
位置についてセットしてエイッと弾いたあと人差し指がちょんとこれがフォルテピアノ
最初にフォルテピアノという表現で覚えてもらいます
そこに左手が入りました
伴奏の音が入ったときに移動するというのがあったと思います
今日はそれの応用なのです
ソルのギャロップという曲もこういうフォルテピアノで出来ていますかという質問がありましてそうですと答えました
どういうことかといいますと

楽譜にはこう書いてあります
これを  と弾きます フォルテピアノです

と弾きます
フォルテピアノになっているのが判ると思います
これを弾くの嫌なら弾かんかったら?というような演奏だけはしないでください

そして一番格好良い所ですね
ここが、全くあれと一緒で、弾いたあと開放弦②③弾くときに、移動します
こんな感じですね
こんな感じになります

これも・・そんなに面白くないんやったら弾かんとって、という話でございますね
それにさらに、
そんな動きが出て参ります

でまあ、タタタンタタタンも同じです
これもフォルテピアノになります
こんなんと違います
止まりませんのでね

間違えましたけども、これは余計なことでせん方がよろしい
ま、そんなことでフォルテピアノというのをですね是非マスターしてもらったらいろんな所で応用出来ると思います





arupejita

↑このページのトップヘ