https://youtu.be/hxETrialZg0



こんにちわ、ハッピーとうじんでございます
今年からこの帽子をかぶって演奏しようかなと思っております
なんでもかんでもハッピーを付けてやっておりますけども

ハッピー奏法

右手が弦の上を行ったり来たりしながら弾く、これをハッピー奏法といいます
以前アルペジオでお見せしたと思いますが今回は旋律です

単純な旋律を弾くときに親指がこちら側に移動しながら
そうするとですねキュウという音が入る、で音が出ます
移動しているときに演奏者が感じるキュウをですね
レコード世代の人達はよくご存知だと思いますが針を乗せますと音がして
溝に入って行くと独特の雑音がします
レコードを聴いてる我々はザーッという雑音が入ると今から音楽の世界に行くみたいな気持ちになったわけです
CDというのは突然出るのでびっくりします

ハッピー奏法の基本すべるというのは弾き手がこれから音が出るという準備ができているのです
準備ができて一呼吸おいて音が出て来ます
今わたしはこちらに弾きました
このまま弾くのもあります
弾いてからさらにすべっていくのもあります
弾いて止まる
弾いてすべっていく
さらに弾いたらポンと戻る
3種類あります
親指ではもちろん、他の指でも同じです
弦の上をすべって止まる音
すべってさらにすべる音
弾くとポンと返る音
この3種類があります

ちょっと旋律を弾いてみます
モゲールの空にいるプラテーロという曲でございますね
最初の方の旋律です

まず普通の弾き方でやってみようと思います
普通の弾き方というのもおかしいのですが皆さんがやっているこういう弾き方です

これに対してハッピー奏法で弾きます
こういう感じになります

ベースで出て来ると非常にわかりやすいですね
絶えず動きます

これが普通にはじきますと
どうしてもこれだけなんですね
一番かなわんのはここに気持ちを込めなさいというやつですけど
別に気持ち込めなくてもこうすれば込めているように聴こえると思うんですけど
それは聴き手の自由です
ただこうやって弾けばそれだけで伝わります
これを何もしないでごちゃごちゃ言うと話が前に進まない

それを今回のコンサートで皆さんに感じてもらえればいいかなというのが主題です

旋律もアルペジオも行ったり来たりしながら弾いたら面白いです
それではマズルカの一部分を弾いてみましょうか
全体を撮ってみてください
このマズルカの絵がありますけども
こうやって鳥とモグラが遊んでいる、そういうイメージをしながらハッピー奏法で弾いたらこんな感じになります
出始めだけですけどね
横に移動しながら
親指で横に移動したあと反対の方向に移動します

という感じになります
これも実際に試してもらうとわかりやすいと思います
おしまい