https://youtu.be/Ssbv8jzDjw0
2010/06/08 に公開



49の技、13番目はヘアピン型と呼びます
右手の親指の動きがヘアピンカーブのように動く所から私が命名したんでございます
まず、どんな弾き方か、親指を見てください
こんな練習をします
まず6弦を弾くときにブリッジの方に向かって、、
5弦にアポヤンドすると向きを変えて
反対の方向に行きます

なんでこんなことするんやと言ったときにですね
これが技なんでございます

どんな時に使うといいますとパーセルのロンド
パーセル:ロンド1
パーセル:ロンド2

いきなり
という場面が出てきます
これはギターの方では6弦と5弦をしっかり弾くベース
によく使います
6弦の音よりも5弦の音の方が相手によく聴こえる
そういう弾き方です
言葉に出すと ウ ワー という表現になります
力任せに弾きますと6弦の方が強くて5弦の方が弱くなってしまいます
これは尻すぼみなのであまり面白くありません
バッハのフーガという曲の中にも出て参ります
フーガ026

ベースの音が非常に面白い響きがする
弾き方からヘアピン
会得をしますとこんなに動かなくても強い音が出て来るようになります

ただし最初はこの動きでやらないとどうしてもイメージが湧きません
こんなしんどいことできるかい!と思わんといっぺんやってみてください
この効果、非常に面白い
弾いてる方の実感として非常に面白い効果が得られます
ヘアピン型でございます。