https://youtu.be/2kO52LW0FZ8
2010/08/14 に公開


ギター49の技、46番目は右手の親指の動き
アルペジオでのストロークの動きです
それともう1つ左手で移動をするときキュッという音がします、これを消す技です

始めに右手です、ロボス練習曲1番
こんな動きがあります
これは通常、親指が1つずつ弾きます、これは間違いではありませんが
親指をストロークで弾く練習なのです
全部をストロークで弾くのは出来ると思います

間に音が1個ずつ入っても親指が654と弦の上をすべって行きます

ここで自由になって、また、
こんなふうにすべって行くという練習です

中間の所で左手の同じ形がずーっとこう下がって行きます
その時にどうしてもキュッという音がする
では左手のアップを
演奏してみます
最初にキュッといわない方でやります

いわなかったと思います
今度はキュッといわせてみます

おそらく皆さんはキュッていうのが普通だと思ってるんじゃないでしょうか
やっぱりこれは邪魔なので消した方が良いです
左手をもう一度アップでお願いします

キュッというのは弦を押さえたまま力任せに移動しています
巻き弦があるのでどうしてもそうなります

キュッといわないのは指が一度ぐーっと横に寝るんです
寝ることで力が弱くなってます
弱くなったのを使ってこのまま移動します
フレットよりもたくさん移動してからもとへ戻ったときにフレットの近くへ来るように

次に移動するときも横になってから移動して行きます
これだけのタコかクラゲが泳いでる様子なのですが
それをやるためにこの辺で用意をしてベースが鳴った瞬間に移動します

そうすることでこの動きとアルペジオの動きと右手親指のストロークの動き
独特の面白いアルペジオが生まれるのです
これを単に速弾きで頑張るというのは練習曲とは言い辛いです、ただ弾いているだけになります
ご注意ください。
lobos etude1











■49の技その47 ギター音楽の源、ストローク
右手(P)の動き。

 とても単純な動きです・・・(ストローク)
 誰も、次のようには弾きません・・・・(変なストローク)

 もう一度弾きます(ストローク)  これが全てです、ワザ47.!?!?

 同じことを4本の指を使って弾きます。
 注意深く(P)の動きを見てください。
   4本で弾いています。もう一度(ひつこいですが)
   さらに、今一度(P)だけで弾きます。
   どうですか? 同じ動きをしていませんか?
   普通は、次のように弾いていませんか?
   (4本で弾く時は)親指が⑥~④まで弾くと、Pno役目は終わり・・・・
   ではありませんか?

  ・・・・この動きにはどんな意味があるのでしょう?
  これは自分で考えてください。
  これには大変重要な内容が隠されています。
  ギターが持っている音楽性が隠れています!

  この、なんでもない練習を重ねることで・・・   あなたのギター人生が根本的に変わると信じています。

  ここで、簡単なアルペジオの練習曲を弾いてみましょう。
 カルリの曲です。
 右手の親指に注意して見てください。

  初心者の弾き方です・・・・・・・続いては・・・・・・・・
 そして、普通になります。    

   これが、ギターです!
WAZA・・47  In Guitar music, the source of an idea is a stroke!
They are very simple movements. (play) ・・・・・・・no one play this (play)
I play a stroke ・・・・・WAZA-47・・・・that:s all.

I play the same using the 4fingers.
At first, please watch the movements of my(P) very carefully.
I used my 4fingers. (play) ! try once more.(play)
How about this? Could you see it?
Are they the same movements?
Usually, we play like this・・(play)
After our (P) moving to the ④th string, we play by (i,m,a,) (P)seems indifferent to the playing. It isn't so?

We play by other fingers during the (P) is playing by it's own work through.
What does it mean?・・・・・

 Please figure it out by yourself.
It becomes very important source of understanding the nature of Guitar itself.
I believe if you try it again and again, your guitarlife will change radically.

I play the simple etude for arpeggio, composed by F.Carulli.
Please watch my (P) carefully.

・・・・beginner's class play・・(play) next class play・・(play) at last・・(play)・・・
  THIS  IS THE GUITAR!